スタッフブログ

エアコンクリーニング

2019/05/19(日) 2019年4月まで

ダスキンによると、エアコンクリーニングの依頼が一年で一番多いのは5月らしいです。

冷房も暖房も必要のないこの時期に(近年はそうでもないですが)、これから迎える梅雨や夏に備えて掃除をしておこうというのは皆さん考えが一緒のようですね。

これからの季節、無理にエアコンを我慢をして熱中症になってしまっては元も子もありません。

うまくエアコンと付き合うためにも、いかに省エネな運転をさせるかということを考えたほうが良さそうです。

そのためにはまず定期的な清掃を行うこと。

フィルターは洗えばいいのですが、毎日のように使用する真夏はなかなかできませんよね。

毎年業者にお願いをするのも現実的ではありませんが、こまめに掃除機で吸い取るだけでも随分違うようですよ。

また、室外機の裏側のアルミのフィンも出来れば定期的に優しく吸い取るくらいの清掃はしてあげたほうが良いみたいです。

最近は自動清掃機能の付いたエアコン(本体)も多くあります。

でも全く掃除しなくてもいいというわけではありません。

定期的にグリルをあけ、ダストボックスをチェックしたり、フィルターの汚れが見られれば同じように清掃することは大切です。

 

これを怠ったまま使用し続け、効きが悪いからといって強風にしたりすると余計に電気代もかかってきます。

清掃をした上で 27℃~28℃くらいの設定で「自動運転」するこれが最も省エネな運転のようですよ(^-^)

設定をいろいろ変えたり、スイッチを入れたり切ったりするよりも24時間一定温度で自動運転が消費効率が良いとも言われています。

 

 既に今期、冷房を使ったという方もいらっしゃると思いますが、季節の変わり目を利用してエアコンのお掃除もしてみてもいいかもしれませんね。

記事一覧

1ページ (全98ページ中)

ページトップへ