上棟日和

2023/04/01(土) 日記

南区にて晴天の中、上棟を行っております!

 

1週間前は今日だけなぜか雨予報・・・

大工さんにも雨女ではないかと言われていましたが

見てください!この晴天!

 

 

朝からほぼずっと見られているご主人様

ビデオをセットされ、1階から2階へと柱梁が建っていく様子に感動されておりました。

 

今回の住まいは【第一種低層住居専用地域】

低層住宅の良好な住環境を守るための地域です。

他の地域と比べ、第一種低層住居専用地域のよさは、ゆったり静かに住めるということです。

環境に守られ穏やかな暮らしを求める子育てや老後に向いているかもしれませんね。

岡山市の場合、第一種低層住居専用地域の建物は10mまでと決められています。

つまり2階建て(3階建て)までしか建築できないのです。

また日影制限といって北側隣地への日当たりを配慮する必要があります。

これを聞いただけでも環境が良さそうですよね。

 

また、第一種低層住居専用地域では建ぺい率は30%、40%、50%に制限されています。

今回の土地は建ぺい率制限が40%つまり敷地の半分以下、4割までしか建物に使えません。

例えば、356坪の住まいの場合、1階の床面積が25坪くらいが一般的ですので62.5坪以上の土地でないと

ゆったりとしたLDKの計画などが難しい場合もあります。

しかしながら中庭があれば、LDKのゆとりはしっかりと確保できます!

屋根のない中庭は外部空間なので建ぺい率には入りません。

しかし、カーテンもいらない空間づくりをしているので、部屋の広さの一部のように取り込んだ生活をすることが出来るのです。

 

静かで穏やかな環境でかつ、家のゆとりも確保できる!最高ですよね!

土地探しの際にこのような都市計画上の用途地域のことを知っておくのも大切なことですね。

 

S様今日は上棟おめでとうございました!

 


岡山で注文住宅を建てる 中庭のある家 コムハウジング 

 

インスタグラムをやっていましたらぜひフォローしてください♪

→ コムハウジング インスタグラム

 

Facebookもあります♪

→ facebook

 

イベント情報などLINEで配信中(^^)

 

友だち追加

1ページ (全147ページ中)