土地の特徴を活かして

2017/04/16(日) 2019年4月まで

私たちが建物のプランをする際は、必ず周辺建物の状況や、まわりの雰囲気などを現地に行って確かめます。

すべての敷地にいろいろな特徴があって、その中でもプラスになるような特徴は、当然プランに盛り込むべきですし、逆にマイナスになるような特徴は、それが気にならないようなプランにしなければなりません。

そういう意味では、ホントに同じ建物って二つとないんですよね。

近くに景色のいい山があれば、部屋から山を臨めるように大きな窓を付ける。

それだけでその部屋の気持ちよさはずいぶんと変わります。

先日、見に行った土地は、周りが田んぼばかりののどかなところでした。

市街地とは違い、高い建物も少ないので中庭の壁の高さも低く抑えられそうで、より一層、開放感のある住宅が建ちそう。。。。そんな土地でした。

 

そして来週末。中区にてオープンハウスを行います。

今回のこの家は住宅街に建ち、隣家も接近しているのですが、それを感じさせない圧倒的な開放感のある家になりました。

ご興味のある方はぜひお問い合わせください。詳しくはこちらまで

1ページ (全150ページ中)