リニューアル

2015/03/18(水) 2019年4月まで

先日、引渡し後もうすぐ10年のお客様の浴槽のクリーニングをさせて頂きました。
数年前から湯はりのラインでついた湯垢汚れが気になっていた奥様。

表面だけでなく全層FRP素材のこだわりの浴槽でしたが、いつの時点からかじんわりと汚れが気になりだしたとか。
入浴剤を使ったりもするし、この汚れはきっと浴槽に染み込んだ汚れだから取れないだろうとあきらめていたそうです。
しかし、この頃は特に気になりだし、なんとかならないかとご依頼をうけ、磨きの専門業者を連れて行き500円玉ほどの部分テストクリーニング
ご納得頂き、全体のクリーニングをさせていただきました



写真を見てわかりますか!?
左の浴槽はぐるりと湯のラインで上下に色艶の違いがありますよね。
右の写真はそのラインを集中的に、それ以外の部分も全体的に磨き上げ、トップコートを塗布してピカピカです
今晩から気持ちよくお風呂に入れる!と大喜びしていただきました

専門業者曰く、浴槽などの場合ほとんどが上についた汚れ(水に含まれるカルキ成分なども含みます)。
ミクロの世界にはなるがその汚れの層が上に重なり、紫外線などにより変色して見えてくるようです。
適切な研磨をしてあげれば大抵の汚れはキレイになるとのことでした。

こんなに綺麗になるとは私もびっくりしました!
引渡し後も長いお付き合いをさせて頂いているからこそ一緒に喜べることに感謝します。




1ページ (全147ページ中)