広大な基礎

2014/04/21(月) 2019年4月まで

昨日、一昨日と中区にてオープンハウスを開催させて頂きました。

今回も、多数の方にご来場頂き、本当にありがとうございました。

ところで、オープンハウスなどで、当社の家の事をご説明させて頂く時に、

「実は中庭のデッキやタイルの下には、

住宅部分と全く同じ基礎を施工しているんです。」

なんて事をよくお伝えするのですが、今までその写真などを

ご覧頂い事もなかったなぁと思い今日はその写真をご紹介してみます。

Dscf3525

この写真のどこかが、中庭になります。 さて、どこでしょう?(笑)

正解は、・・・・・・

中央の少し広い所が中庭になっています

といっても、本当に住宅部と全く同じ構造ですから、平面図がないと

中庭が存在する事は、ほとんど分からないです。

ですので、よく基礎の段階では、御近所さんから、

「何かの病院が建つの? それともお店?」などと質問される事があります。

話を伺うと、基礎の面積がとても大きいので、店や病院が建つと思われたみたいです。

ということで、当社の「中庭.style」は中庭部もしっかりと躯体の一部として施工

する事で、中庭の広さや、壁の高さなど柔軟に対応が可能になり、

耐震等級の最高等級である3等級を実現しています。

施工中の現場見学も可能ですので、ご興味がある方はお気軽に

お問い合わせ下さいませ。

1ページ (全148ページ中)