予想通り!!

2018/08/22(水) 2019年4月まで

先日、北区の現場へ行ってきました。

着工当時は、南隣りの区画はまだ着工前で、

こちらの棟上げ時は、基礎工事に取り掛かるぐらいのタイミングだったのですね。

 

まだ隣の建物が建ってない場合、中庭の壁の高さを決定するには

一般的な住宅の高さを想定しするしかない訳です。

 

 

今回は、角材の先端が窓の高さにくるであろう位置に持ち上げ、お客様に家の中から見て頂き

角材が見えない位置で、中庭の高さを決めるという、チョ~アナログな方法で行いました。(笑)

 

 

結果は、写真の通り、バッチリな高さでした。

屋根はもちろん見えてしまいますが、窓は一切見えることなく、良い感じです。

場合によって、「窓の上部は見えても、人の背丈はそんなにないからOK」になるケースもあり

その辺りはお客様のご要望や、周辺環境により判断という具合です。

 

 

ご覧の通り、大工さんの木工事は終了し、内装工事にとりかかっています。

リビングの折上げ天井も開放感いっぱいです!!

 

今後はタイルを張ったり、設備機器の取り付けの工程に入っていきますが

最後まで丁寧にしっかりと進めていきたい思います

 

 

 

 

 

1ページ (全150ページ中)