スタッフブログ

2018/04/21(土) 2019年4月まで

外壁の色決め、模様決めをしています。

サイディング等の工業製品の場合は決まった製品の中から選んでいただくことになります(それでも膨大な種類がありますが)

タイルや石を貼る場合も、その大きさや厚みによって風合いがいろいろありますが基本的にはサンプルを確認して「じゃぁコレで」という決め方をします。

中でも面白いのは塗り壁の場合。

塗り壁メーカーが準備している標準色はいくつかあるものの、実際にはその都度、色を作りますので選択肢は無限大なんですね。

「ブラウンの外壁」といっても明るいブラウンやくすんだブラウン、赤みがかったものもあれば黄色っぽいものもあります。

さらに仕上げをする『コテ』や『ローラー』の違いで雰囲気もガラッと変わってきますので

お客様の考えているイメージをしっかり伺い、いくつかのサンプルを作ります。

そのサンプルを並べ、検討していくわけですが、どちらかに決めていくのではなく、場合によっては「A」と「B」の中間色「AB」を作り、「A」と「AB」を比較してさらにそのまた中間色「AAB」を作り、なんてこともよくあります。

こうやってお客様だけの色を見つけ、イメージ通りの外観に仕上げていくことができる『塗り壁』

やっぱり面白い素材です。

記事一覧|2018年04月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ