キッチン収納

2023/05/23(火) 日記

最近のキッチンは、ほとんどと言っていいほど、

対面のレイアウトになっていますので、おのずと後ろの収納が

見えてきますね。

 

キッチン本体とお揃いのメーカーで、カップボードを設置する方も多いと思いますが

幅が1800程度だと、スペースが余ってしまって、

そこにニトリやイケアの家具を入れたりすると、

チグハグに見えてしまいますね。

 

 

かと言って、大容量のサイズになると、かなりの高額になり

ビックリされる方も多いかもしれません。

カップボードは、あまり出荷台数が少ないせいか

かなり価格設定が高いなぁというのが、個人的な印象です。

 

 

そこで、当社が造り付けで作っているのが、キッチンクローゼットです。

 

 

大工が一緒に製作しますので、棚の材料費と扉費用のみで

巨大な収納が完成します。

 

収納内部には、家電用のコンセントがありますので

レンジ、炊飯器、コーヒーメーカー、トースター、etc

全て収納が可能です。

 

ダブルサイズで制作する場合は、

キッチン用品だけでは、余ってしまうので、

お子様のオモチャ置き場になったり、掃除機や日用品のストックを

収納したり、リビング収納として活躍します。

 

さらには、棚は全てが可動棚ですので

棚を増やせば、さらに収納量が増えますね。

 

炊飯器は蒸気が出るので心配される方もおられますが、

焚いている時だけ、扉を開けておいて頂ければ大丈夫です。

20年以上、このスタイルを採用していますが、

今まで棚材が腐食したり、不具合が起きたこともありませんので

ご安心下さいませ。

 

当然、扉の色は自由にチョイス可能ですので、

インテリアの雰囲気に合わせる事も可能ですよ。

 

 

 


岡山で注文住宅を建てる 中庭のある家 コムハウジング 

 

インスタグラムをやっていましたらぜひフォローしてください♪

→ コムハウジング インスタグラム

 

Facebookもあります♪

→ facebook

 

イベント情報などLINEで配信中(^^)

 

友だち追加

1ページ (全150ページ中)