上棟前工事

2019/04/13(土) 2019年4月まで

柱や合板が次々に現場に搬入されてきました。

上棟を来週に控え、大工さんが基礎の上に土台を敷いています。

コンクリートと基礎の間にところどころ見える黒い部材は『基礎パッキン』といいます

建物の外周全体から外気を取り入れ、部屋と部屋の間も自由に空気が移動することができますので、従来の換気口に比べ、1.5~2倍の換気性能があります。

土台の腐れやシロアリを寄せ付けにくい床下にするには乾燥が一番です。そのためにはやはりしっかりとした換気が必要なんですね。

さて、土台と床の下地は出来上がりましたが、明日の天気は・・・なので、しっかり養生をして来週の上棟に備えます。

1ページ (全147ページ中)