スタッフブログ

蓄熱暖房機

2014/12/02(火) 2019年4月まで

昨日から、天気予報通り、急に寒くなりましたね。

当社では、暖房器具も色々とご提案させて頂くことが可能ですが、今日は蓄熱暖房機をご紹介します。

 

 

仕組みは、こちらをご覧頂くと分かりやすいと思います。

http://www.olsberg-japan.co.jp/electricheater/chikudan_shikumi.html

 

蓄熱暖房機の良いところは、常時、熱の自然放出する事により、24時間暖房になるという点かなと思います。

寒い日に自宅に帰って来て、部屋に入った瞬間に、ほわっと暖かいんですね。

通常だと帰宅して、暖房器具のスイッチを入れても、部屋の温度が上がるまで、

しばらく時間がかかりますが、蓄熱暖房はそれがありません。

また、エアコンのように温風で暖めるのではなく、輻射熱ですので、

上手く表現できませんが、縁側でひなたぼっこをするような、気持良さなんですね。

床暖房も同じ輻射熱によるものですが、これらの気持ち良さを体感すると、

エアコンの暖房が、体にきつく感じるようになるから不思議です。

また、温風が出ないので、ほこりも舞い上がる事もありませんし、灯油なガスなどを燃焼させる事もないので

空気も汚れません。

あと、蓄熱暖房機を設置すると、ガスコンロやガス給湯を使用して入る場合でも

電化住宅と同じ格安の深夜電力を使う事が出来るようになるという点も見逃せませんね。

電化住宅割引(電気料金の10%引き)は利用できませんが、ガスコンロ派の方でも

23時~8時に食洗機や洗濯機などを上手に使えば、メリットは大きいと思います。

デメリットは、レンガを内部に格納するため、暖房能力が大きいものだと結構な大きさになる事ぐらいでしょうか。

そこは、上手に設計でカバーするよう心がけています。

いずれにしましても、色々なご提案をさせて頂きますので

お気軽にご相談下さい。

 

 

 

記事一覧|2014年12月

ページトップへ