勾配天井

2014/03/10(月) 2019年4月まで

写真は、只今中区で施工中の現場のものなのですが、

ご覧の通り、勾配天井になっていて、解放感たっぷりの

リビングになる予定です。

丸い穴は、ダウンライトが入る予定のものですが、

この写真が数年前のものでしたら、「設計ミス!!」

お叱りを受けたかもしれません。(笑)P1000184

なぜかといいますと、現在のダウンライトの主流はLEDに移行しつつあり、

ここでも当然、LED電球を利用予定ですが、

それまでは、クリプトン球などで、いわゆる白熱球ですので、

1~2年に一度ランプ交換が必要なわけです。もう、お分かりですね

勾配天井の高い天井にそんな照明器具を配置してしまうと、ランプ交換が

自分で出来ない・・・・なんて事になってしまいかねません。

LEDダウンライトなら、計算上、365日 毎日6時間点灯させても25年間ぐらいは

ランプ交換が不要なんです。

恐るべしLED照明って感じです。

おかげで、以前なら、ペンダントや壁付照明に限られるような天井高の場合も

見た目にすっきりとまとめる事ができるようになりました。

1ページ (全150ページ中)