寒いですね~。

2024/01/23(火) 日記

この冬一番の寒気とあって、昨日から本当に寒いです。

 

暖房入れても、なかなか部屋が暖まらないという方や、

足元が常にひんやりするという方は

 

今、お住まいの住居に目に見えない「すき間」が

多いからかもしれません。

 

昔からよく使われてきた断熱材のグラスウールやロックウールは

大工さんが、丁寧に施工されても、気密性を確保するのが

難しいという特性があります。

 

今でも多くの大手ハウスメーカーでは、

使用されている断熱材ですが

「すき間」がどれだけあるかを示すC値(隙間相当面積)は、

2.0~2.5ぐらいと言われています。

 

当たり前ですが、この隙間を極力なくすことが

暖かい家になるわけですね。

 

すきまがあると、冷たい空気が、

そこから入って来て

暖房され軽くなった空気を天井へ押しやり、

 

下には冷たい空気が溜まることで、

足元が常にひんやりする家になってしまうわけです。

 

すきまが無くなれば、そういった現象が少なくなりますので

床付近と天井付近の温度差が少なくなり

暖かいと感じやすくなります。

 

少し乱暴な言い方になりますが、経験上

どんな断熱材を採用するかというよりも

いかに隙間を無くすかという事の方が、

快適さには直結すると感じます。

 

ですので、新築をご検討される方は

その会社の「すき間性能」がどれくらいかを

確認することをおすすめ致します。

 

ちなみに当社のこだわりは、

1棟1棟、間取りの違う注文住宅ですので、

全棟において気密測定を行い

 

自社基準のC値1.0以下の気密性能が確保できているか、

確認を行っています。

 


岡山で注文住宅を建てる 中庭のある家 コムハウジング 

 

インスタグラムをやっていましたらぜひフォローしてください♪

→ コムハウジング インスタグラム

 

Facebookもあります♪

→ facebook

 

イベント情報などLINEで配信中(^^)

 

友だち追加

1ページ (全147ページ中)