スタッフブログ

階段

2019/10/08(火) 日記

住宅にとって階段は、かなり重要ですね。^^

まず、その位置です。当然、1Fと2Fをつなぐものですから、

配置によって、その家の間取りは大きく変わります。

 

やはり多いのは、帰宅や外出が家族に分かるように、リビング階段若しくは

リビングを通っての配置です。

 

リビングの中に配置するリビング階段は、階段をインテリアデザインに利用する為、

スケルトン階段にする事も多いですが、階段下を収納に利用するプランも捨てがたいですね。

 

 

スケルトン階段は、スチール、木製と両方可能ですが、空間が広く感じるメリットも。

リビング階段は、その上部は必ず吹抜けになりますので、暖房については注意が必要ですね。

 

そういった意味ではリビングを通って、階段室へ行く動線だと吹抜けも出来ませんし

家族の様子も分かります。 スケルトン階段の格好良さを取るかと実用性を取るか迷うところです。

 

一方、リビング動線階段とは反対に、玄関近くに配置したいというお客様もおられます。

家族がくつろいでいる中、子供や友達がどかどかと入って来るのは避けたい方や

リビングを通らなくても、リビングのドアにガラスが入ったデザインにしたりする事で

家族の気配は十分、分かるという考えからですね。

 

またお子様が、成人に近い年齢だと、大人としてお互いのプラバシーを優先するのも

理解できます。やはり住宅への思いは、家族の年齢などにも大きく左右されます。 

 

いずれにしても、その配置によって家の形が大きく変わるのが階段ですし

そもそも階段を造りたくない=平屋ご希望の方も増えています。

ウェブサイトにも掲載ありますように、10/20(日)には、平屋の家の見学会も予定しております。

 

平屋は、上下の移動が無い代わりに、水平方向の移動が長くなりますので

それを短くする工夫も必要なのですね。 そんな工夫も一杯の平屋ですので

2階建てとの違いを是非この機会にご体感下さい。^^

 

 

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全101ページ中)

ページトップへ