スタッフブログ

贈与税

2012/07/18(水) 2019年4月まで

「住宅取得資金に係る贈与税の非課税措置」という言葉と聞いたことがありますか?

ご夫婦で住宅を建てようとする場合、どなたかから資金援助を受けることがあります。が、その行為にももちろん贈与税がかかります。

その場合のご両親や祖父母などの直系尊属からの贈与により住宅資金(新築若しくは取得または増改築等の金銭)を取得した場合、一定金額までの贈与につき贈与税が非課税になる制度があります。

それが「住宅取得資金に係る贈与税の非課税措置」

H24改正がありましたのでご案内します!

昨年末まで非課税枠が1000万円であったのに対し「省エネ性又は耐震性を満たす住宅」は、

H24年→1500万円

H25年→1200万円Img001

H26年→1000万円

と改正されました。

「省エネ性又は耐震性を満たす住宅」という部分がポイントです!

それ以外の住宅の場合、非課税枠は上記-500万円となっています。

当社の建物はすべて「省エネ性又は耐震性を満たす住宅」(省エネルギー対策等級4又は耐震等級2以上)に該当しますので先にあげた非課税枠を採用できるというわけです。

自分たちの力でお家を建てる!といってもなかなか資金面で躓くものです

こんな制度をうまく利用して無理なく計画を進めてみるのもいいのではないでしょうか!?

※他にも改正点があります。詳しくはスタッフまでお尋ねください。

記事一覧|2012年07月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ