スタッフブログ

造成から

2019/10/15(火) 日記

お客様が田んぼや畑のまま購入された土地を造成からさせて頂く事がありますが

この度、東区で造成工事を着工しました。 

一部の土留め工事と土入れになりますが、順調に進んでいます。

昔は、地盤改良工事が存在しなかった為、田んぼに土を入れたら、何年か寝かして住宅を建てたほうが良いと

言われてましたね。今は、ほぼ地盤改良工事が必要ですので、そういった寝かせる期間というのは必要ありません。

 

ただし、造成後の地盤調査は必須となります。

土を入れた状態=家を建てる地盤が出来てからの地盤調査が必要なのですね。

 

そのデータによって、最適な工法をご提案させて頂くわけですが、当社では、

液状化しやすい土地かどうかという点も、調査いたします。

万が一、液状化しやすい土地という判定の場合、その対策工法もご提案させて頂くのですが

液状化の可能性が低い結果となっても、限りなく安全な結果なのか、ギリギリ安全なのかも

お伝えが可能です。

その結果しだいでは、地震保険に少しでも多く入っておいたり、地震保険ではカバーしきれない部分を

補う保険もありますので、、そういった対策が可能になります。

 

自然災害が頻発する中で、可能な準備はしておきたいものですね。

 


岡山で注文住宅を建てる 中庭のある家 コムハウジング 

 

インスタグラムをやっていましたらぜひフォローしてください♪

→ コムハウジング インスタグラム

 

Facebookもあります♪

→ facebook

 

イベント情報などLINEで配信中(^^)

 

友だち追加

記事一覧

1ページ (全102ページ中)

ページトップへ