雨水処理

2021/07/02(金) 日記

パッとしない天気が続きますね。。。

梅雨時期なので仕方のないことですが、梅雨に限らず台風やゲリラ豪雨等、年中雨には悩まされます。

そしてこの時期、多くの皆様が不安に感じるのが、「大雨が降ったら中庭に水がたまるのではないか」

という事です。

また、「〇〇工務店では、中庭はデッキの下に湿気がたまりやすく、木の腐れが早いって聞いたけど?」と床下の環境を心配される方もいらっしゃいます。

中庭の作り方やウッドデッキの下の構造などは法律で特に決まっているわけではないので、建築会社ごとで大きく考え方がちがうのですが、

当社では中庭も建物の一部として考えており、中庭にも部屋の下と同じ構造のコンクリートの基礎がありますので<土のまま>と違っていつまでもジメジメと湿気ていることはありませんし、当然ですが中庭の排水計画をしっかり行ったうえで基礎工事に着手をしますので水がたまることもありません。

それでも自然災害は時に想像を超えることもありますので、予備配管の設置や、いざというときには外へつながる勝手口も排水経路として使えるような2重3重の対策など、考えられる限りの対応はできていますのでご安心ください。

 

 

 

 

 


岡山で注文住宅を建てる 中庭のある家 コムハウジング 

 

インスタグラムをやっていましたらぜひフォローしてください♪

→ コムハウジング インスタグラム

 

Facebookもあります♪

→ facebook

 

イベント情報などLINEで配信中(^^)

 

友だち追加

1ページ (全147ページ中)