スタッフブログ

タイトニック

2014/11/04(火) 2019年4月まで

先日、北区の現場で上棟を行いました。

当日はまさに秋晴れといった天気で、とても気持ち良い日となりました。

 

 

 

ところで、弊社ウェブサイトでも紹介しています耐震座金が2枚目の写真中央に写っています。

一現場に、何百という数を使う、この「タイトニック」というネーミングの座金、かなりの優れものでございます。

当たり前ではありますが、木の柱や梁は、どこの建築会社でも、乾燥材を使用していますが

ただいくら乾燥しているといっても、長年時間が経過すると、多少の縮みは発生する可能性も否定できません。

いわゆる木ヤセと言われるものです。

また広い道路が近くにあると、ダンプやトラックが通過するときの振動が長年伝わり、金物が緩んでくる事もあるんですね。

もちろん、振動が伝わるような、近所での建築工事や解体工事、地震でも同様のことが言えますね。

そういったときに、力を発揮するのが、弊社が採用している耐震座金です。

木ヤセや振動などで、木材と金物が密着しない状況でも、内臓しているスプリングの力でボルトを引き寄せ

設計時の金物の強度を維持します。

詳しくは、こちらをご覧ください。

http://www.comhousing.com/structure/page5.html

最後になりましたが、T様 この度はおめでとうございました。

 

記事一覧|2014年11月

ページトップへ