中庭を造ると・・

2023/06/20(火) 日記

中庭のある家にして、廻りの建物からの視線(2階からも)を

気にしなくて良い造りにすると、

カーテンを取り付ける必要がなくなります。

(*中庭と謳っても、お隣の2Fから丸見えだとカーテンは必要)

 

 

昼間でも、レースすら無いので、視線が窓の部分で遮られる事が

なくなり、当然、広く感じる訳ですね。

 

当社の家においては、1Fに関しては全くカーテン

要らずになるわけですが、もう一つ、不要になるのが、

境界フェンス&ブロック工事です。

 

 

フェンスやブロックの類は、お隣りさんや廻りからの視線を

遮りたい場合、あるいは、

不審者の窓からの侵入などに備えた

防犯の為に施工されると思いますが、

 

 

当社の家では、中庭に面した特注サイズの大きな窓から

十分すぎる光が入りますので、

その他の面は、通風用のスリット窓や

小窓だけでOKになるのですね。

 

 

 

すると、中庭以外で、人が入れるような

サイズの窓が無くなります。

結果、防犯にすごく安心な家となり、

わざわざ費用をかけて、

境界ブロックなどをする意味が無くなってしまうのですね。

 

コンクリートブロックは、経年劣化や庭のリフォームの際に、

お隣りとの境にあるものなので、

何かとトラブルにもなりやすく、

無くて良い状況であれば、それにこした事はないと感じます。

 

もちろん、お隣さんとのご近所付き合いも大切ですし、

境界線ははっきりしておいた方が安心なので、

土留めを兼ねた1段のみというも多いです。

 

いずれにしても、当社の建物においては、中庭という「庭」がもれなく

最初からくっついており

外溝というのは、ほぼ駐車場廻り&アプローチだけの場合がほとんどです。

 

そういう意味では、カーテンと外溝費用が抑えられるのは

なかなかのメリットです。^^

 


岡山で注文住宅を建てる 中庭のある家 コムハウジング 

 

インスタグラムをやっていましたらぜひフォローしてください♪

→ コムハウジング インスタグラム

 

Facebookもあります♪

→ facebook

 

イベント情報などLINEで配信中(^^)

 

友だち追加

1ページ (全147ページ中)