コンクリート打設完了

2016/11/14(月) 2019年4月まで

南区の現場で、基礎のコンクリート打設を行いました。

立ち上がりの部分の打設ですので、基礎と土台をつなぐアンカーボルトの設置も行います。

 

 

弊社の建物は、耐震性能の最高等級の耐震3等級を全棟クリアしております。

そのためには、柱や梁、それらを接合する金物の強度、基礎に至るまで、構造計算を行い

3等級をクリアしておりますが、着工する前に、第三者の検査機関にて、設計検査を受け、

合格して初めて着工という流れになるのですね。

 

また、設計時は耐震3等級が確保されていても、

その図面通りに施工されていなければ、当然意味がありませんので

施工時にも、第三者の検査が入ります。

 

 

 

設計、施工とも、自社ではなく、第三者の検査が入ることで

お客様は、ご安心頂けることと思います。

 

基礎工事中には、鉄筋が図面通りに施工されているかという「配筋検査」

棟上げ後には、構造金物がきちっと、取り付けがされているかなどチェックする「構造検査」があります。

 

 

当然ですが、それらの検査に合格しませんと、次の工程に進むこと事が出来ません。

ですので、今回の現場も、先日の配筋検査に合格して、 

土間や立ち上がり部分のコンクリート打設を行っているわけですね。

 

基礎工事も終盤にさしかかり、来月の上棟に向け、しっかりと工事をすすめてまいります

1ページ (全151ページ中)