スタッフブログ

中庭スタイルに必要な土地の広さは?

2022/03/22(火) 日記

お客様から、

「中庭のある家にするには、広い土地が必要ですか?」

というようなご質問を頂く事があります。

 

弊社からのご回答は、

「全くそんな事はありません。 

一般的な新規分譲地で売られている50坪程度あれば大丈夫です」

とお伝えしています。

 

もちろん、家族の人数や駐車場の必要台数によっては、

もっと広い土地が必要な場合もありますが、

ご入居予定が4~5人で、

駐車場が2台とプラス来客用1台程度でしたら、

50坪程度で可能で、部屋も全く狭くなりません。 

 

 

なぜなら、どのハウスメーカーで家を建てても、駐車場のほかに、

必ず庭のスペースがあると思いますが、(イラスト参照)

その庭のスペースが家の中央に移動しただけだからです。

 

 

建築基準法上、建ぺい率の制約があり、住居系地域では、ほとんどが60%で、

50坪の土地でも、50坪×60%=30坪分しか建築する事が出来ず、

残り20坪分は、空地を造らないといけません。 

 

中庭は、屋根が無い事で、建ぺい率に含まれませんので、

空地扱いとなり、

土地を有効利用して、敷地一杯の配置も可能になります。

 

 

さらに、中庭以外には、大きな窓が無いので、

お隣りさんからの視線を防ぐ境界ブロックや

目隠しフェンスの類も、つくる必要が無いのですね。

 

結果、カーテン代に加え、外溝費用もほとんどかかりません。

一見は百聞は一見に如かずですので、

ご体感がまだの方は、お気軽にモデルハウスへお越しください。

 


岡山で注文住宅を建てる 中庭のある家 コムハウジング 

 

インスタグラムをやっていましたらぜひフォローしてください♪

→ コムハウジング インスタグラム

 

Facebookもあります♪

→ facebook

 

イベント情報などLINEで配信中(^^)

 

友だち追加

記事一覧

1ページ (全129ページ中)

ページトップへ