現場打合せ

2020/12/12(土) 日記

現場で階段下の空間について打ち合わせをしています。

というのも設計段階では、階段の板は何ミリ、階段板を受ける両側の受け材は何ミリ、その下の収まりがあーなってこーなって、大工さんが道具を持って腕が入る隙間は確保して・・・ヨシ、階段下の収納の高さは〇〇センチにしよう!という具合に決めているのですが、現場から連絡が。

「思ったよりも階段の下地がスッキリ収まったので、他の部分との兼ね合いに問題が無ければ収納の高さ変えていいですか?」と。

実はこのような現場での変更は時々あって、

「図面では〇〇になっているけど、△△にしたほうが収まりがキレイになるよ」

「~このように魅せたいのなら、こう収めたほうがよいのではないか」

などと、設計図の意図を汲みながら現場の視点からの意見も聞く事ができるので、選択肢も広がりますし私自身の勉強にもなります。

もちろん当初の使い勝手やデザインを大きく変えることはありませんが、何事もチョットした工夫の積み重ねです。

 


岡山で注文住宅を建てる 中庭のある家 コムハウジング 

 

インスタグラムをやっていましたらぜひフォローしてください♪

→ コムハウジング インスタグラム

 

Facebookもあります♪

→ facebook

 

イベント情報などLINEで配信中(^^)

 

友だち追加

1ページ (全147ページ中)