スタッフブログ

「住宅ローン減税 最大500万円に 2014年から」

2012/10/26(金) 2019年4月まで

先日の山陽新聞に題名のような記事が出ていました。

ちなみに現行制度で2013年に入居の場合は、ローン残高の上限が2000万で、

10年間 1%の税金控除が受ける事が出来る制度となっています。 

つまり最大で年間20万円×10年間=200万円の税金が却ってきます。

それが2014年からは、上限5000万の1%で

最大500万に拡充されるかもしれないという事です。(あくまで国交省の案です)

記事だけ読むとすごーく税金がかえってきそうな感じですが・・・・

減税といっても実際に払っている税金以上は却ってこないので、

年間20万円以上 所得税、住民税を払っている人でないと享受できる金額は現行制度と全く

変わりません。 

ちなみに家族構成などにもよりますが、かなりアバウトな額でいいますと

年収が600万円ぐらいで

20万円程度の税額になりますから、それ以上の年収じゃないと、ローン残高の上限が

3000万だろうが、5000万だろうが、全く関係ない話になってしまうんですね。

もちろん、国家予算額もあると思うのですが、消費税UPの負担軽減などを

考えての事でしたら、

最大2000万⇒5000万  よりも 1%⇒1.5%にした方が、

実際に住宅購入を考えている方からしてみると、

よっぽど有益になりますし、もっと実際の状況に即した内容にすべきだと思うのは

私だけでしょうか?

記事一覧|2012年10月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ