スタッフブログ

人工ウッドデッキ

2012/06/28(木) 2019年4月まで

こんにちは。

今日は、デッキ材のお話です。

当社のコンセプトの「中庭」の床の仕上げは、ウッドデッキやタイル貼り、玉砂利洗い出しなど

色々とありますが、やリビングの床とほぼフラットになって、中庭との一体感がより大きく

感じるウッドデッキは、やはり根強い人気です。

もちろん使用する材料は、腐食に強いデッキ専用材を使っていますので、数年で

腐ったりする事はありませんが、太陽の紫外線により、_dsc1238

色だけはどうしてもあせてしまうんです・・・。

ですので、美観を保つには、数年に一度は、刷毛で塗装してやった方が良いんですね。

塗装自体は全く難しくなく、だれでも簡単に半日程度でできちゃいます。

 ・・・が、

何かと忙しくてそんなことできない!って方にオススメなのが、人工のデッキ材です。

本物の木の粉が混ざっているため、昔みたいに、いかにもプラスチックって感じはなく

雰囲気もなかなかです。 

当然、本物に比べると、質感は負けてしまいますが、何より色の変色がなく、メンナンスの

簡単さを考えると、検討の価値ありです。

価格も販売され始めた当初より下がっているようですが、

従来のデッキ材の約2割増しぐらいになります。P1020565

本物の木の質感を楽しむか、お手入れのしやすさを求めるか、悩ましいところですね。

記事一覧|2012年6月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ