スタッフブログ

Do it yourself!

2014/04/30(水) 2019年4月まで

週末、自宅の中庭のデッキの塗り替えをしました!

中庭の仕上げ方は木製デッキ、樹脂製デッキ、タイル、芝敷きなどいろいろです。
雰囲気重視で決められる方もいれば、メンテナンス重視で決められる方も様々ですが、
デッキの場合のメンテナンスについては必ず質問されること。
木製デッキは、外部用のセランガンバツ材を使用することで耐久性にはまず問題ないけど、
紫外線や雨水により変色は防ぐことができないのも事実です。
定期的に塗り替えしていただくことで防水性もUPしますし、雰囲気を保つことができます。

実際どのように塗り替えするのか?大変な作業じゃないの?
その度に業者に頼まなくちゃいけないの?
など不安に思いますよね。
でも、そんなに大変な作業ではないですよ。
DIYの範囲でできる作業だと思います。
私の場合、約10帖ほどのデッキで2時間弱の作業です。
子供がお昼寝の合間にササッとやってしまいました。
後半起きてしまって、少しですが一緒にやりましたよ(^-^)

準備するものは、Dsc_1281
キシラデコール(外部用防腐剤入り塗料)、マスキングテープ(養生用)
刷毛(大小あると良い)、塗料用バケツDsc_1284_2

①ほうきで掃くなど軽く清掃する。Dsc_1286
②壁際、サッシ廻りにマスキングテープを貼り、養生する。
③全体を塗る。

これだけです。
コツは、マスキングテープを丁寧に貼り、壁際を塗るときは少し小さめの刷毛で丁寧に塗ること。Dsc_1289
刷毛からポトポト落ちない程度に塗料をしっかりつけ、1㎝程手前で塗ると壁際まで浸透して行くのできれいに塗れますよ。
キシラデコールはいわゆるペンキと違い浸透性の塗料なので、表面に少々ゴミ(砂埃等)があっても大丈夫(^-^)
色むらも出にくいので、家族でバラバラに塗り始めても全然へっちゃらですよ。
Dsc_1290_3
2歳の息子です(^^♪

"comhousing

記事一覧|2014年4月

ページトップへ