スタッフブログ

珍素材!? 新素材!

2016/07/28(木) 2019年4月まで

家のなかで、常に身体に触れている部分である「床」。
床は住まいの心地よさや衛生面に大きな影響をもっているのです。
また、面積も広く、インテリアの印象を決める大切な要素にもなりますよね。

先日の話題は無垢床でしたが、今日は少し変わったコムハウジングならではの床材のご紹介です。

    

写真の洗面や階段・廊下の床の素材、わかりますか?
フローリングや無垢床ではなく、シートのようなものが貼られていますね。

そうなんです。
アパートの水廻りなどによく使われる素材であるビニルシートはお分かりいただけますよね。

でもコムハウジングは、素材感、質感は大事にしたい・・・ただのシートはめったに使いません!

表面のポリ塩化ビニル(塩ビ)を織物のように織り込んだビニルシート素材
ボロンやココフロアといった商品です。

両方とも輸入・販売元は違えど似た素材。
それぞれの特徴、カラー・デザインなどから住まいにあったご提案をさせていただきます。

■ 強くて、汚れにくいのが嬉しい

畳のような質感とカーペットのデザイン性の、まさにいいとこ取りをしたような商品。
キャスター付きの椅子を使ってもへたらないほどの耐久性が魅力です。
長年の摩擦によって、カーペットは使用後数年で劣化してしまいますが、これらは見た目もほとんど変りません。
また、天然サイザルなどと違い、経年によるほつれにも強い構造です。

塩ビを編み込み、その下をバッキングした構造のため、ほこりやゴミ、液体が入り込まず、簡単にお掃除ができます。
カーペットや畳ではしみ込んでしまって拭き取りづらい食べこぼし、飲みこぼしもさっと拭き取ることができて衛生的。

■ 滑りにくいといった特徴もいい
編み込んだ凹凸が滑りにくく、歩行感もいいので廊下階段にも向いています。
この凹凸により、他のビニルシートと違い、濡れたままでもさらっと気持ちよく洗面や脱衣スペースにおすすめです。

ぜひ、一度はご検討いただきたい素材の一つです。
次回完成見学会開催の住まいも洗面空間に採用していますのでぜひご覧下さいね。

記事一覧|2016年7月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ