スタッフブログ

デッキについて

2017/12/05(火) 2019年4月まで

先日、弊社のOBのお客様から、

「木製のフェンスが経年劣化で傷んできたので、取り替えたい」とご連絡を頂きました。

早速、見に行くと、たしかに部分的に腐食も進んでいたので

アルミのものへ交換をご提案させて頂きました。

 

その際、ついでにウッドデッキの様子を見たところ、

ウッドデッキは、さほどでもなく、まだまだ大丈夫な様子。

 

帰社して、12~13年かなと思いながら、年数を調べたところ

17年も経過しておりました。

 

ウッドデッキの耐久性は、メンテナンスにもよりますので

一概には言えないのですが、そのころは、ウッドデッキと同じ樹種の

大引き(デッキの下の土台部分)が無かったので、国産の檜などを使っており

日光もあたらず乾燥しにくい事もあって、先に大引きが腐食がすすむ事が多いようです。

 

今は、デッキ材として輸入される硬い木と同じ樹種の部材が

多く販売されていますので

腐食に強くなったといえますが、やはり天然の木ですので、

ずっともちこたえるという事はないですよね。

 

そこで、最近は弊社でも採用を始めたのが、樹脂製のデッキ材に

大引きをアルミ製という組み合わせです。

この組み合わせですと、メンテンナンスの心配はなくりますし

紫外線による色の変化が少ないことも特徴です。

 

 

 

ただ、質感はやはり、木製デッキのほうが良いというご意見も多く、

悩ましくもありますね。

 

是非実際に、ウッドデッキや樹脂デッキ、はたまたタイル仕上げなどの

建物を多く見ていただいて、お好みのスタイルを見つけていただければと思います。

 

 

 

記事一覧|2017年12月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ