スタッフブログ

トイレの窓、必要?

2021/08/28(土) 日記

突然ですが、トイレに窓はあったほうがいいと思いますか?

マンションやアパートにお住まいの方は、現状付いていないという方も多いと思いますが、住んでいて「全く問題ない」と感じる方と「やはりトイレに窓は必要」と感じている方もおられる事かと思います。

一般的には、何となく換気を考えるとトイレに窓は付いているもの、というようなイメージがありますよね?

でもよく考えると新築の家のトイレには、必ず換気扇が付き、それによって換気が出来ているので、窓の役割は採光が必要かどうかということになると思います。(もしかすると換気扇の換気では不十分とお考えの方もおられるかもしれませんが。。。)

トイレも自然光があって明るい方が良いという考え方がある一方で、逆に自然光が入らない事で、照明による雰囲気づくりが出来るというメリットもありますね。

そしてもう一つのメリットとして、プランニングの幅が広がるという点もあります。

窓が無くても良いという考えですと、トイレくらいの広さであれば、例えば階段下のちょっとしたスペースや廊下のデッドスペース的な場所にうまくおさまる事がよくあり、家の中央部にも配置できるようになります。一方、窓を付けようとすると、当然外周に面した場所に配置する必要があり、その結果、多少廊下が長くなって家が大きくなる→コストアップになるといった可能性もあります。 

とはいえ、これはどちらがオススメという事ではなく、住む方の感覚だったりお考え次第です。

実際、当社でも窓を付けることの方が圧倒的に多いのですが、今まで当たり前のように思っていた事を、少し考えてみると案外、自分たちには必要なく、それによってより良いプランにつながる可能性もあるので家づくりの際の参考になればと思います。

記事一覧|2021年8月

ページトップへ