地震に備えを

2024/02/06(火) 日記

改めて能登半島地震で被災されました皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

この地震以降、モデルハウスにお越し頂く方の中でも

地震や災害への意識の高まりを感じます。

 

昔の基準で建てられた住宅の耐震補強が

進まなかったことも

今回の地震の被害を大きくしたと言われているようです。

 

新築を検討中の方は、耐震の最高等級である「耐震等級3」を

満たす家を検討されている事と思いますが

 

 

弊社では、3等級をクリアする為の設計検査を

第三者の審査会社が行う仕組みになっています。

「自社で検討して、大丈夫です」というのと第三者がチェックするのでは、

当然、後者の方がご安心頂ける事と思います。

 

そして、施工段階に入ると、図面通りに施工出来ていなければ

全く意味がありませんから、「図面通りに鉄筋が入っているか、

構造用金物が指定通りに施工されているか」を

こちらも国交省指定の検査会社がチェックを行い、

合格してからコンクリート打設や壁を張るという次の工程に

進む事が出来ます。

 

 

結果、設計・施工ともに第三者のチェックが入ることになるのですね。

 

また、耐震は揺れが来た際に、揺れないように踏ん張る力ですが

それでも揺れてしまう、大きな地震発生時には、

揺れを軽減してくれる制震装置が有効です。

 

 

当社のモデルハウスにも取り付けしているのが

「ブレースリー」という商品。

耐久性、耐食性に優れた特殊アルミ合金でできたダンパーで

地震のエネルギーを効率よく吸収してくれるので、

 

今回のような繰り返し起きる地震に対して

威力を発揮して、家へのダメージを大きく軽減してくれます。

 

詳しくは、こちらから。

 (通常は壁の中に隠れる部材ですが、モデルハウスでは一部、

このブレースリーを実際にご覧いただけるコーナーもご用意しています。)

 

新築にせよ、リフォームにせよ

近いうちに起きると言われている災害に備えて

しっかりと準備をしておきたいものですね。

 

 


岡山で注文住宅を建てる 中庭のある家 コムハウジング 

 

インスタグラムをやっていましたらぜひフォローしてください♪

→ コムハウジング インスタグラム

 

Facebookもあります♪

→ facebook

 

イベント情報などLINEで配信中(^^)

 

友だち追加