随分と日が短くなりました

2023/11/21(火) 日記

つい最近まで、日中は暑くて困っていましたが

太陽が沈む時刻は、確実に早くなっていますね。

 

日が短くなるということは、

当然ですが、日の入る角度がだんだんと低くなっています。

 

普段生活している分には、なかなか気づきにくいですが、

改めて、ご自宅で観察頂くと良く分かると思います。

 

夏場は、南面のサッシ付近のみに光が当たっていたのが

だんだんと部屋の奥まで、光が届くようになっていますよね。

 

当社は、冬至の一年で一番太陽高度が低い日でも、

必ず、直射日光がリビング入るように角度を計算して

中庭の設計を行っています。

 

そうした中で時々、中庭の広さが、5,6畳程でも問題ないかと

質問される事がありますが、

それは、大いに問題があります。

 

それぐらいの広さだと、壁が近すぎて

冬場には、日光を遮ってしまうのですね。

 

明るいリビングにしたくて、中庭を造る方がほとんどだと

思いますが、狭いと逆に暗くしてしまいます。

 

中庭というのは、どんな形でもあれば良いというものではなく、

排水や日射などの自然現象に加え、耐震性などをしっかりと

考慮された建物にすることが大切です。

 

 


岡山で注文住宅を建てる 中庭のある家 コムハウジング 

 

インスタグラムをやっていましたらぜひフォローしてください♪

→ コムハウジング インスタグラム

 

Facebookもあります♪

→ facebook

 

イベント情報などLINEで配信中(^^)

 

友だち追加

1ページ (全147ページ中)