構造と性能

床下換気

永続的な視点で建物を考える。長持ちさせるための設計がそこにある。

床下換気

床下換気
床下の換気は基礎パッキン工法を採用しています。
土台パッキンによる換気は、従来の基礎切欠きタイプの換気口に比べて約1.4倍の通気効率で、床下の全周にわたり淀みなく換気します。
その結果、シロアリの生息しにくい床下環境を作ります。基礎に切欠きが無いので基礎の耐震性も向上します。
床下換気 基礎と土台を縁切りすることで、基礎コンクリートの水湿分を土台が吸収することなく腐朽を未然に防止し、床下部の耐久性が向上します。
 
床下換気

コンセプト|構造と性能

ページトップへ