構造と性能

外壁通気

外 壁 通 気

外壁通気工法
当社では外壁通気工法を採用しています。
外壁通気工法とは、木造住宅の耐久性を高める・・・
つまり、長持ちさせるために非常に大切な仕組みです。

湿気は建物の内外から入り込みます。 暖かい空気は多くの水蒸気を含むことが出来ますが、気温が下がると内部結露が発生しやすくなります。そこで壁の中の水分を放出するために生まれたのが、外壁通気工法です。

外壁通気工法は、構造体の軸組と外壁材の間に通気層という空気が流れる層をつくり、その最下部の換気口から空気を取り入れ、軒裏や棟換気から空気を排出する工法で、空気は温度差や気圧差などで流通する仕組みになっています。
外壁通気工法

 

コンセプト|構造と性能

ページトップへ